Vivaldi One

どうもこんにちは。バタバタしている年末です。

1月9日までの限定展示品のお知らせ
vivaldione
dCSVivaldi One
セパレートのVivaldi TransportVivaldi DACの廉価版ではなく
シリーズの1つとして存在感を放っているモデルです。

セパレートの方は登場した時から7Fにほぼ常設してあり
多くの方が新しいdCSのフラッグシップに驚いたのではないでしょうか。
6Fは短期間、メーカーから借りて展示する機会がありましたが
脚色性よりも正しく再生するということがどれだけ高度なことか、
それでいてディスクに込められた音楽を生きたまま取り出す
というのはこういう事だと言わんばかりの堂々とした音に
感動した覚えがあります。

6FといえばCH Precisionをずっと展示しています。
まったくタイプの違う音ですので、どちらがお好きか伺うと
あまり迷うことなく分かれるのが印象に残っています。

さて、以前も短い期間展示をしたVivaldi Oneが再登場です。
当然セパレートの方が優位性があるのはわかりますが、
セパレートを100として、どう削っていくのかという思考でいましたが
同じVivaldiシリーズとして共通の世界観でありながら
別のエッセンスを混ぜる事によって1つの存在を確立しているように
感じます。その匙加減が絶妙で、この価格帯としては多くの人を
虜にし納品された存在と言えましょう。

限定品とはいえ価格が価格なだけあって、まだ少しの生産は
可能な状態のようです。頭にうっすらと浮かんでいる方は
この機会を逃さないようにお早めにどうぞ。

5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

広告
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close