柔軟と信頼、力

どうもこんにちは。

昨日登場のお知らせをしたNAGRAをじっくり聴きました。
HD_PREAMP
NAGRAHD PREAMP』『HD AMP
外見だけでなく音色の個性もあって人気のNAGRA
ド級のハイエンドらしい音楽の中に潜む違和感がNAGRAらしさだと
気がつくのにそれほど時間は必要ないと思います。

フュージョン系を聴いていると先に“NAGRAらしさ”が
気になってくると思います。一度凝縮してから解き放ったかのような
中音域の濃さと力強さが特徴的で、その時点ではこの価格帯の
ハイエンドとしてこれで良いのだろうかと、ついつい周りと比べて
しまい違和感を感じてしまいます。
それが音楽の均衡を崩す程ではないのですが、強い特徴のように
感じました。

続いてアコースティックな編成、クラシックだったりボーカル+ピアノ
というのを聴くと先程感じた特徴が重荷になるような感覚がないです。
アコースティックギターの箱鳴りやピアノの余韻もしっかりとしていて
生々しく、一瞬一瞬に抑揚を感じられるように重います。

いくつか音楽を聴いてみて、音圧レベルの幅が狭いものほど
音の濃さが特徴として出やすいように思いました。
音圧レベルの幅が広いものでも同様の特徴はありますが
それほど気にならない不思議な作品だと思います。

今まで出会ってきたNAGRA製品の音に対して
さらにコストをかけ質を上昇させた製品であるとわかりました。
積み重ねた歴史が聴く人に“らしさ”として認識させ
そこに現代だからできる事を組み合わせて出来た音は
絶妙な匙加減で上手にまとめられています。

プリとパワーを合わせて¥16,800,000という価格設定です。
こうした製品に対してハイエンドだからこんな音が出るだろう
という自分の中にできていた固定概念を見直すきっかけに
なった気がします。

XLRへの入力トランスというオプションがとても気になります。
さらに瑞々しい音が出そうな気がしてなりません。

今回は明日明後日のみ店頭で試聴ができます。

5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

nagra

広告
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close