精度が生命力を生む

どうもこんにちは。お花見の時期になっています。

ESOTERIC製品の展示強化期間に突入いたしました。6Fは…
5月6日 展示は終了いたしました。
grandiosoK1
grandioso K1
一体型もgrandiosoのパネルを使ったモデルを最上位に…と
話していたのを思い出します。

ESOTERICの新たな舵を取ったと言えるK1K3の登場。
そして最高峰から明確な方針を主張したgrandiosoシリーズの登場。
それらが支持されたからこそ生まれたのがgrandioso K1だと思います。

一体型には大きな制約がありセパレートタイプの優位性をCDシステム
だけではなくアンプ等、様々な製品で訴えかけ認められてきました。
しかし、設置場所の制約も大きな問題です。
台数は少なく、シンプルに見せたい方にとって最高峰と言う事ができる
一体型CDプレーヤの登場は喜ばしい事でしょう。

すでに多くの台数がお客様の元へ行ったわけですが
何度か聴かせていただいて好印象だったので従来の展示フロアーに
プラスする形で5月まで展示いたします。

音の力強さとステージ感はさすがESOTERICと感心してしまう
変わらない基本方針を感じます。
そうでありながら神経質にはならないバランスのとり方は
10年前のESOTERICには無かったものではないでしょうか?

音楽信号を正確に読み取るのではなく、精度により音楽そのものを
抽出してくれるような印象です。

いつも次作は軽量にしてくれと頼んでいますが、
ESOTERIC史上、最も重いCDプレーヤになりました。
と言う広報担当者の笑顔が忘れられません。
海外製品含めて現行最も重いCDプレーヤであると付け加えておきましょう。
全てはESOTERICが音質を追及し向上した結果です。

お問合せお待ちしております。

5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

esotericesoteric.jpg

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close